テフロン加工 方法

テフロン加工 方法の富士工業
home PFA溶着継手 フレキシブルチューブ 0リング 加工案内 加工実績 会社案内 お問合せ
製品 テフロン加工 方法
継手 従来品より低コスト
コンパクトな配管で
省スペース化
フレキシブルチューブ 用途に合わせた多種類の
フレキシブルチューブを
短納期でお届けします
Oリング 高温、高濃度の酸、
アルカリ、酸化剤にも
充分耐える0リング
テフロン加工 方法
加工 テフロン加工 方法
テフロン加工 方法│チューブや加工品の中に、ゴムや金属を入れて再溶接し、完全被覆します攪拌棒、攪拌シール、コック、ビーカー、メスシリンダー、試験管の理化学用品を製作しています 切削、成形、溶接、伸ばす、
拡げる、曲げる、封入する、
理化学用品etc
あらゆる御要望にお応えします。
>案内はこちら
テフロン加工 方法│溶剤や化学薬品に強いテフロンの理化学用品を製作しています 容器、キャリアー、キャップ、
シャンプーノズル、配管部品、
ホース、保護管etc
>実績はこちら
テフロン加工 方法

テフロン加工 方法でお探しの方へ。富士フレキは、テフロンPFAチューブをコルゲート加工したフレキシブルチューブ です。お客様のあらゆる要望にきめ細かい対応とより完成度の高い製品をお届けします。 用途に合わせた多種類のPFAフレキシブルチューブを短納期でお届けします。
テフロンについて。フッ素原子を含む合成樹脂をフッ素樹脂といいます。フッ素樹脂には、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、テトラフルオロエチレン・パーフルオロアルキルビニルエーテル共重合体(PFA)、テトラフルオロエチレン・エチレン共重合体(ETFE)などなどたくさんの種類があります。テフロン加工 方法でお探しの方はご存じかもしれませんが、フッ素樹脂は、第2次世界大戦の頃に、アメリカで原子爆弾製造のために開発され、その後アメリカのデュポン社が製品化しました。ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)をはじめとした、デュポン社が商品化したフッ素樹脂の登録商標名が「テフロン」です。フッ素樹脂には、さまざまな特性があり、その特性を利用して、調理器具や電気製品、機械などなどさまざまなところで使用されています。
フッ素原子と炭素原子が結合しフッ素樹脂となると、その結合力の高さから、化学的に分離することが非常に少なく、ほかの物質と新たに結合することもないため、さまざまな特性がうまれます。熱や低温に強く、紫外線や薬品にも耐性があります。テフロン加工 方法にご興味のある方は当然知っていると思いますが、ほかにも、燃えにくい、ひっつきにくい、摩擦が起きにくい、電気を通さない、電流が生じにくいなどの特性や高周波特性などがあります。
一般的には、テフロンのフライパンなどが良く知られていると思いますが、材料がひっつきにくい、洗いやすい、焦げ付きにくいなどと感じられた方も多いのではないでしょうか。それらが、フッ素樹脂の特性によるものなのです。調理器具以外でも、通信ケーブルやプリンター、自動車の部品などなど、ご家庭にあるさまざまな製品にテフロンが使われています。テフロン加工 方法にご興味のある方は、是非一度、富士工業までお問合せ下さい。

テフロン加工 方法 トピックス
新製品「富士フレキFW」固定配管用の富士フレキを改良。可動配管を可能にした高性能フレキシブルチューブ。

よろず相談コーナー
会社案内
設備案内
お問合せ
テフロン加工 方法
Copyright 2011 Fuji-Kougyou Co.,Ltd. All Rights Reserved.
テフロン、フッ素樹脂 -株式会社富士工業